栄養効果

フコイダンと言えば、
ねばねばした海藻類に含まれていて、
血圧や免疫に効果があるという事くらいしか知りません。
けれど、私は血圧が高めで白髪も多いので、
海藻類は意識して摂るように心がけています。
フコイダンが含まれた食品はいろいろありますが、
どうせなら安価に、美味しく頂きたいので、
乾物のメカブか昆布を使う事が多いですね。
特にフコイダンが多く含まれているのはモズクだそうですが、
モズクって意外と高いんですよね。
乾燥メカブの刻んだものも割と高いように感じますが
実際に使う量や食べる量で考えると決して高くはないことがわかります。
乾燥の昆布を戻してひと口大に切って、
ドライパックの大豆と一緒に薄味で煮たものは
常備菜としていつも冷蔵庫にありますし、
お味噌汁を頂く時、納豆を混ぜる時は必ず
粉末状の乾燥メカブを加えます。
海藻は摂りすぎるのも良くないと言われますけれど、
どのくらい食べたら摂り過ぎなのかもよくわかりません。
日本人はもともと海藻を好んで食べる民族ですから、
ちょっとやそっとで摂り過ぎになるなら
みんな摂り過ぎになっちゃうだろうし、と思って
あまり気にせずに食べています。
主人が少し尿酸値が高かったりするので、
出来るだけ海藻を取ってもらおうと思うのですが
あまり好きではないようで、進んで食べてはくれません。
ふと考えてみると海藻が好きと言う男性には
あまりお目にかかったことがないような気がします。
フコイダンについては、北海道産のガゴメ昆布に
最も多く含まれていると聞いたことがあります。
次いで、昆布、ヒジキと続くそうです。
ガゴメ昆布をネットで検索してみたら結構いろいろあって、
見るからにおいしそうな粘り気が食欲と購買意欲をそそります。
さっそくひとつ買ってみようと思っています。
フコイダンにしろ、何にしろ、嫌いなものでなければ
出来るだけ食品からとるのがいいのかもしれません。
美味しいことはいいことだし、食べることは元気になりますよね。