日本人に合うマヌカハニーの食べ方はご飯と一緒に炊く

マヌカとはニュージーランドの原住民であるマオリ族が薬用として使っていた木の事で、この木の花から集められた花蜜から作られるはちみつをマヌカハニーと呼び、マオリ族の人々はこの蜂蜜の効果を古くから体で感じていてマオリ族の生活の知恵として、したまれてきていて、その日々の中で、マオリ族の人々は、その薬用効果を、みとめて、復活の木としてあがめてきました。
マオリ族に限らず、蜂蜜に不思議な作用があることを、人々は昔から知っていて、古代エジプトでは既に、蜂蜜の医薬的な特徴も分かっていましたが、世界の蜂蜜の中でも、特に、マヌカハニーが、傷や火傷、喉の痛みが出る初期の風邪の症状をとめたり、胃の痛みなどに良く効くことが知られていて、そのため昔から、薬草として飲んだり、傷の治療薬として、大切に、価値のあるものとされてきていて、ここ数年、マヌカの葉や樹から取り出されるオイルや蜂蜜には特別な抗菌作用が存在するとされており、詳しく蜂蜜を、調べたところ、この蜂蜜の抗菌度が特別に高い事が科学的にわかってきたのです。
食事まあえと、就寝前に、この蜂蜜をスプーン1杯ほど、せっしゅすると、健やかな体と美しい容姿を整える事にやくだてられており、初めて摂取したときは、その独特な味に、日本人は、日本の蜂蜜と比べてしまうので、蜂蜜になれないですが、ご飯を炊く時にスプーン1杯入れて、炊くと味は気にならずに継続して食べることができ、
それだけでなく、ご飯が美味しくなり、蜂蜜に含まれているアミラーゼという消化に使われる酵素の働きによるもので、デンプンを消化して糖分に変えてくれるのですが、マヌカハニーを混ぜてごはんを炊くと、そのアミラーゼがお米を分解し、甘さを引き出してくれるのですが、ごはんの美味しさは、口にご飯を入れた時の、もちもちした舌触りと、ほのかな甘みで、この二つを手に入れることができるのです。高いお米を買わないでも、有名なお米ブランドのような味わいを再現してくれるのです。違った使い方で、ニキビがひどい思春期の少年、少女にこの蜂蜜をニキビの場所に、塗っておくと、ニキビに効果があり、殺菌力が強いこの蜂蜜を塗ると、ニキビの原因であるアクネ菌を退治してくれますが、毎日洗顔後、蜂蜜を顔全体に塗って蜂蜜パックをして、数分おいてから流す習慣をすると良いですが、ついでに、お風呂に入った時に、顔に塗ってから、浴槽に入って温まると一石二鳥です。